神奈川県麺類生活衛生同業組合「お店訪問」

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑支部 青葉台 更科

<<   作成日時 : 2009/06/29 11:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

緑支部 青葉台 更科
045(981)6815
横浜市青葉区しらとり台1-5
毎週水曜日休

画像

今から33年前、昭和45年ここ青葉台周辺は田園都市線が走るとは言え、住宅が点在する美しい静かな線の町でした。名門柿木坂の更科修行した吉野さんはこの地に出店しました。 
画像

80坪の土地の半分を駐車場にして建てられた最初の店には、ポールモーリア等の音楽が流れるおしゃれな店でした。ご多分に漏れず当初は90%が出前でしたが、一念発起して手打ち専門店に切り替え、町の発展と共に順調業績をあげ夫婦の努力が結実して平成元年に現在の半地下駐車場を備える三階建てのビルディングが誕生しました。
画像

歩壇から二階店舗への階段も小粋にデザインされ格式のある蕎麦屋を演出しています。 末っ子の息子さんが目下練馬の田中屋さんで修行中、次の代への布石も磐石です。
新潟育ちの奥さんの影響か、〆張・八海山・越しの寒梅と地場の銘酒が揃い、つまみも40種以上が用意され夜のお客様にも対応しています。
8卓のテーブル席と6人掛けの座卓が5阜置かれたノJ、上がり座敷からは今でも緑の丘陵が借景として見渡せます。「自筆です」と笑って居られた手書きのメニューが「相田みつお」ぼりの味のある字でおすすめ品を主張しています。
画像
メニューもなかなかユニークで、建使ったサラダそば、白魚の天ぷら、つみれ鍋や鴨の柳川と揃います。 「もう年なので、手ごね足踏みして手打ち麺機を使っています」と話していましたが、 しっかりとした蕎麦を出しておられます。修行中の若旦那が凱旋される日が待ち遠しいことでしよう。
お話をうかがっている間に、夕闇が迫ってきました。 窓辺におかれた可愛らしいテーブルごとの電気スタンドに灯が入りますと、並木壇の歩行者の目を楽しませてくれます。
こうした演出が吉野さんのお人柄を現しているように思われました。季節感のある料理や蕎麦と共に、一層 お客様を楽しませてください。

画像


画像


画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
緑支部 青葉台 更科 神奈川県麺類生活衛生同業組合「お店訪問」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる