神奈川県麺類生活衛生同業組合「お店訪問」

アクセスカウンタ

zoom RSS 厚木支部 浪花そば

<<   作成日時 : 2009/09/25 11:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

厚木支部 浪花そば
厚木市下荻野1394-22
046-241-5554
画像


「自信を持って産地表示が出来るもの以外は、基本的に扱わないん ですよ」厚木の名門浪花やの大矢さんの気質が表れた張り出しです。
座間市役所のお役人だったとは驚きです。 
頭脳明晰・論理派・ 研究熱心で責任感の強いお人柄の謎が解けました。
思うところ あって役所をやめ単身「大阪の浪花屋」さんで一年間勉強させて もらいました。 
 60店舗を経営する浪花屋の社長は立派な方で 短期間で大阪商人の心意気と飲食業のありかたを教えてくれた そうです。 
画像

本厚木の市役所近くに開けた最初の店舗では師匠の 教えを守り夫婦で一日300食を売り上げる目標を達成しました。
業績は順調に伸び、開店12年後に現在の地を取得、本格的な 手打専門店を開業します。 玄蕎麦を求め産地を歩き農家と契約 し、小麦粉は千葉・大根は秋田・山芋は千葉県多舌町・ニシンや鴨は 何処産と納得の行く商品しか使わないのですから頭が下がります。 「天ぷらだけは困りました! 産地表示が出来ないんですよ」と笑っ て居られたのが印象に残ります。 
 今日の蕎麦は福井県JA 花咲産、そば粉10につなぎ2のタト二です。 静岡のいずみの郷 の蕎麦屋で3年間修行された息子の繁雅さんの作品です。
地粉 100%の黒味がかった「手打うどん」も絶品です。
  隣へとなりへと駐車場を買い足して30台の駐車スペースを確保しています。
荻野町は、名にし負うゴルフ街壇です。 ゴルファーの利用が大変多く客単価も上がりましたがバブル崩壊以降客足が減っているそうです。 しかし本物志向の愛好家がノピートし堅実な商売をされています。 このお店は奥さんの接客を抜いては語れません。
画像
<
明るい笑顔を絶やさずはきはきとした接客はお店の看板です。
おまけに調理名人で綺麗好き、ピカピカの厨房がすべてを誇ってくれます。  
大阪仕込のニシンの煮付け・鴨のくわ焼き、それに勿論自家製の糠漬けを樹齢400年の輪切りのテーブルで頂く賛沢は格別のものでした 息子さん日く「おやじは頭が良くてかなわない、おれは仕事で頑張ります」と、いい話でも 仕事を楽しんでお客様を大切にすれば、お父さんを追い越すのは間違いありません。
画像
画像












月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
厚木支部 浪花そば 神奈川県麺類生活衛生同業組合「お店訪問」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる