神奈川県麺類生活衛生同業組合「お店訪問」

アクセスカウンタ

zoom RSS 相模原南支部「巌門」

<<   作成日時 : 2009/09/25 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

相模原南支部「巌門」

相模原市相武台3-1-7

046-251-3934


画像

神社の参道を思わせる石畳の奥に植え込みを配した入り口が見えます。
相模原南支部の重鎮坂上さんのお店「巌門」は相式台団地入り口の交差点近くにあります。 石川県出身の坂上さんは、神田万盛庵で修行後昭和43年日産座間工場で賑わう座間市で独立を果たします。
当時はまだ周辺が砂利遠ばかり、そんな中で出前に精を出し繁盛を勝ち取ります。
10年後の昭和53年縁あって100坪の現在地を取得「これからは駐車場が必要条件」と現在の前面駐車場型のお店を新築されました。
二重ドアーの風除室を入ると囲炉裏が目に飛び込んできます。特大の南部鉄瓶が自在鈎につるされ静に湯気をたてています1風を遮るドアーやいろりの豆炭と静に立ち上る湯気がお客様を温かく迎えてくれます。
座敷からは植え込みが見え、土間の高天井には太い梁が縦横に伸び白壁の袖には秋田杉が張り巡らされ、高価な棒の一枚板に統一されたテーブルや大きな衝立は風格を発揮しています。 どうです紺の作務衣に絞りの帽子様になっていますね! 勿論ご長男の隆さんをはじめ次男の春治さん、そして奥様が付いているのですから鬼に金棒。画像画像
団地を控えた住宅街ですから、ご近所の出前を切ることも出来ず7:3のそばを木鉢で仕上げて機械落としで、もり・かけ577円と言うサービス価格、味噌煮込みうどんは右写真のような大鍋仕立て、小海老天井セットには、坂上さんが毎日手を入れる糠付けお新香とみかんが付いています。
試食した「冷やしたぬきちらし」には、腰を折らない16〜20の海老天が2本入りこれはなかなか見もので、おろし・わかめ・かに棒・胡瓜・楊玉・山菜飾りに紅生妾と盛りだくさんのヒットメニュー¥1050は納得の一品です。
飲酒運転の取り締まり強化でご多分に漏れず、夜の戦略に悩んで居ると話しておられました。
坂上さんのモットーは「いかにお客様に満足を提供できるか」の一点に絞っておられます。 多少高くてもよい材料に手間腺を掛ける「料理に親切を添えて提供」すばらしい考え方です。 いつも店頭に居て気配りを忘れず清潔・清掃を陣頭指揮、時代の流れを先読みしながら手を打って行く。 ロで言うのは簡単ですが実行するのは大変です。
病気から立ち直られ、元気一杯今日も適切な指示が飛び交います。

画像画像画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
相模原南支部「巌門」 神奈川県麺類生活衛生同業組合「お店訪問」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる